新たなビジネス誕生か?

相続を一度体験された相続人の方はご存じでしょうが、悲鳴を上げそうになる位相続手続きは煩雑です。まず親類縁者への死亡報告、市役所への死亡届の提出、焼却場・葬儀場等への申し込み等々、この辺りまでは興奮の中で済ませてしまいます。その後、電気水道ガス、電話や自動車の名義替え、年金や保険や銀行預金の名義替え等次々にしなければならない手続きが続きます。相続税の計算、土地建物の名義変更などは専門家の手を煩わせるしかないでしょう。
 相続人がリタイアをされたり専業主婦であったりするとその時間もとれるでしょう。しかし、相続人がまだお勤めをされていたり、施設に入所されていたりすると(高齢化社会で相続人も高齢化されている場合が多い)、この手続きをすることが困難なことがあります。
そこでこのような方のために手続き代行をする人が必要になります。
 数々の相続に関わっている当税理士法人もその必要を感じ、そのサービスを着手したいと思っています。近々そのHPを立ち上げますので一度立ち寄ってみてください